FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-03-30(Thu)

130名の「おおもり語らいの駅」大応援団!

当院主催 地域公開講座! 「いくつになっても元気で暮らしたい!」
1月末に開催したところ大好評!申し込み段階でお断りしなければならない事態となってしまいました。(^_^;)

そこで3月29日(水)、再度地域公開講座を開催したのです。

今回の講座は、4月にオープンする「おおもり語らいの駅」を参加者に知ってもらうことを目的としました。

第1部:みんなで目指そうピンピンころり!~自分のカラダを知る・保つ・気づく・癒す~
    社会医療法人財団 仁医会 牧田総合病院 荒井 好範 理事長

第2部:地域とつながり、頭も身体も元気に!~社会参加と健康の関連~
    東京都健康長寿医療センター研究所 社会参加と地域保健研究チーム 野中 久美子氏

第3部:おおもり語らいの駅のご紹介!
    社会医療法人財団 仁医会 牧田総合病院 地域ささえあいセンターセンター長 澤登 久雄

荒井理事長、野中さんが話を通して伝えた「いつまでも健康でいる秘訣=社会参加」!
このお二人の話の中に出てくるキーワード!それが、

「殻に閉じこもらない!」、「仲間と一緒に」、「地域や人の役に立つ」、「特技や経験を活かせる、自分ができることを地域の中で見つける」!

この二人の話を受けて、私から「おおもり語らいの駅」のコンセプトについて話をしました。
参加した130名近い住民の皆さんが、おおもりにできるこの新たな「場」を楽しみにしてくれていましたよ (^_-)

おおもり語らいの駅がまもなくオープンです!


牧田総合病院主催 地域公開講座 130名近い参加者が集まりスタートです!

P1250626.jpg

今回の内容は3部構成!「おおもり語らいの駅」オープンに向けた内容構成になっています。

次第スライド

開場時間30分前にはロビーにたくさんの人、人、人・・・。
当院の公開講座が、すっかり地域の方々に定着してきたように感じます。

P1250571.jpg

当院の各部署スタッフも全面協力!
開会前、会終了後にブースを出展してくれました。こちらは、「中医はりきゅう治療室」のブース。

P1250697.jpg

経路マッサージを受けながら、気軽に身体の相談 (^_-)

P1250690.jpg

歯科の田中先生もブースを出展!口腔乾燥チェック!

P1250680.jpg

血管年齢チェックブースでは、看護部の皆さんが協力してくれました。

P1250598.jpg

骨密度測定は、みま~も協賛 ココカラファイン薬局 が協力!大人気ブースでした

P1250590.jpg

参加者が集まりました!それでは地域公開講座を始めましょう!

P1250609.jpg

司会は、医療相談室 村上 医療ソーシャルワーカー!

P1250620.jpg

開会あいさつ:牧田総合病院 小谷 奉文 病院長!

P1250623.jpg

脳神経外科医である荒井理事長の話は、毎回参加者に「わかりやすい!」と大好評!
みんなで目指そうピンピンころり!~自分のカラダを知る・保つ・気づく・癒す~」

IMG_6740.jpg

東京都健康長寿医療センター研究所 社会参加と地域保健研究チーム 野中さん。みま~もがまだ発足したばかりのヨチヨチ歩きだった頃からこの会に関心を持ち、ずっと関わり続けてくれています。
「おおもり語らいの駅」の事業は、当院と東京都健康長寿医療センター研究所、そしてみま~ものコラボで取り組んでいきます!


P1250640.jpg

私からは、「おおもり語らいの駅」事業の目的、具体的にどんなことを行っていくかを説明させてもらいました。

IMG_6797.jpg

おおもり語らいの駅の「食」を支える金井さんのご紹介!

IMG_6837.jpg

おおもり語らいの駅に常駐する「地域ささえあいパートナー」の二人を紹介!
おおもり語らいの駅には、看護師、医療ソーシャルワーカーが常駐。訪れてきた人の相談にも対応します!

IMG_6818.jpg

この人たちとともに、おおもり語らいの駅事業は進んでいきます。

P1250666.jpg
IMG_6784.jpg
P1250663.jpg

終わった後も、理事長、院長のところには参加者でいっぱい (^_^)

P1250681.jpg
スポンサーサイト
2017-03-26(Sun)

手がけたものこそ愛おしい ~2017.3.26 ペンキ塗りイベント~

「おおもり語らいの駅」オープン前企画第一段であり、
内装工事の最終工程となるイベントを今週末開催しました!

まず、そもそもなぜこの企画が持ち上がったのか・・・?

それはセンター長の昔からの信念であり、みま~もで10年培ってきたノウハウでもある、
「自分が関わり手がけたものだから愛おしい」という考え方。
そこに、とあるステキな方から、ステキなアイディアをいただき企画は即決!

壁のペンキ塗りをみんなでやっちゃおう♪ということになりました。

そうと決まればみんなの動きはスムーズ!
みま~もを通して築いてきた関係性で、企画の意図や目的の共有は早く、早速それそれが動き始めます。

カドヤ建設の野口さんは、地元の大工さんとペンキ屋さんを手配し、
素人が下手に塗るほど味が出る?という不思議なペンキを用意。

東京都健康長寿医療センター研究所は、参加してくれる地域の親子を募集。

私たちからは、みま~もサポーターのお母さんたちに、当日振る舞う30人前のおしるこを依頼。

ネットワークは、作ることが目的ではなく、「使う」ことが目的。
全くその通り!と思わせてくれる連携プレーで、依頼する側もされた側も、自分の役割を果たします。


研究所が作成したチラシ。あとは、あいにくの雨と桜の開花宣言後とは思えない寒さの中、何人参加してくれるか・・・

DIYイベントチラシ

どしゃ降りの雨の中、参加者が集まり始めました!
ペンキで洋服が汚れないよう、帽子にカッパ、軍手に靴カバーを装着!

(P)1250421.jpg

お名前つけて~

(P)1250418.jpg

初めに、東京都健康長寿医療センター研究所 社会参加と地域保健研究チーム 藤原先生と野中さんからご挨拶。

(P)1010011.jpg
(P)1010014.jpg

カドヤ建設常務取締役 野口さんから、本日の先生!ペンキ屋さんと大工さんのご紹介。

(P)1250442.jpg

みま~もサポーターと、おはなナースの息子のてんちゃんは、朝からおしるこの仕込み!

P1010006.jpg
P1010004.jpg

これがが噂の素人が塗るほど味が出るペンキ

(P)1010019.jpg

みんなで力を合わせてペンキ塗り開始!
中学生組は、足場に乗って高い場所もお任せあれ!

P1010038.jpg

保育園組も一生懸命塗ってくれています。がんばって! (^_-)

P1250481.jpg
(P)1250458.jpg

私たち地域ささえあいパートナーも初めてのペンキ塗りを堪能

(P)1250474.jpg
(P)1010044.jpg

大家さんも参加してくれました!

P1250475.jpg

ここで理髪店を長年営んできた大家さんも、この場に新たな生命を吹き込みます。

P1010066.jpg

こちらでは、オープンキッチンのカウンター下に設置する本棚作りがスタート!

P1250493.jpg P1250541.jpg P1250514.jpg

民生委員さんも

(P)1010052.jpg

「おしるこができたわよぉ~~~~!」
作業もひと通り終わり、サポーターからの手作りのおしるこ!

P1010119.jpg
P1010114.jpg

これでおおもり語らいの駅改修工事もすべて終了です!
洋風だった場所が、ペンキの効果で何となく「和」な雰囲気に・・・

P1010136.jpg
P1010137.jpg

「おおもり語らいの駅」第1回目のイベントは、
牧田病院らしい、地域密着のあったかい雰囲気でした(o‘∀‘o)*:◦♪

unspecifiedE3MW6ZDS.jpg



2017-03-21(Tue)

面で支える仕組みづくり!

地域包括支援センターで働いていて、つくづく感じた個別支援の限界・・・。

その限界に気が付いたときに、私たちは面で支える仕組み=みま~も発足に歩み出していた。


「みま~も」というネットワークを構築していく中で大事にしていたことは、「トライアングル」!


一つの組織で支えるのは「点」でしかない。

二つの組織連携は「線」。

三つ以上の組織が連携し合って初めて「面」となる。


このトライアングル理論を実践した新たな事業が「おおもり語らいの駅!」なのです。


牧田総合病院・みま~も・東京都健康長寿医療センター研究所が連携、それぞれの得意分野を活かし、全世代対応型地域包括ケアシステムの具現化を目指します。



新たにスタートするトライアングルで支え合う仕組み!
パンフレット案201736


この日、壁塗り以外の工事がすべて終了したと野口さんから連絡が入り、さっそく東京都健康長寿医療センター研究所の皆さんとおおもり語らいの駅へ!


P1010003.jpg


厨房がひろぉ~~~~~い!

P1010001[1]


テーブルも、まだすべて揃っていませんが配置してみました。イメージが広がります (^_-)

P1010003[2]

P1010004[1]


トイレには、乳児用のおむつ替えコーナーも設置!

P1010008[3]


おおもり語らいの駅の「食」を支えるまち・ひと・くらしプロモーター金井さんも厨房に入ってうれしそう!存分に力を発揮しちゃって!


P1010007.jpg

P1010008.jpg


この壁塗りをイベントにしちゃいます!

P1010005.jpg


DIYイベントチラシ

さぁ、間もなくオープンです!

2017-03-09(Thu)

まち・人・くらしプロモーター研修!

牧田総合病院地域ささえあいセンター、東京都健康長寿医療センター、みま~もが連携して取り組む新たな事業!

おおもり語らいの駅の準備が進んでいます!

この日は、語らいの駅で多世代交流に取り組む「まち・ひと・くらしプロモーター」養成研修を実施!

みま~も協賛 薬樹薬局 管理栄養士 あべちゃん!

おおもり語らいの駅で、子どもたちを対象にした食堂をオープンするモデル&シェフの金井ちゃん!

アキナイ山王亭で、様々な「人」を巻き込み、魅力あふれる企画を次々に実現している町田くん、人呼んでマッチー!が、この研修に参加してくれました!

講師は、NPO法人「孫育て・ニッポン」理事長ぼうだ あきこさん!

まずは各世代の課題について学びます。

課題を把握した後は、自分自身の今の困りごとを発表!

それからグループに分かれて、グループ一人ひとりの好きなこと、得意なこと、上手になりたいことを話し合い、これをもとに会社を起業!事業を企画していきます!

自分たちの得意分野を最大限活かした、ワクワクするような企画が次々と生み出されていきます。

企画発案の手ごたえがそれぞれに持つことができたところで、それぞれが準備してきたおおもり語らいの駅で取り組みたい企画を発表!

あべちゃん、金井ちゃん、マッチー!最初からまちづくりのプロなんていやしない。

まずは自分の「やりたい!」という思いがあって、具体的に取り組んでいく。うまくいかないことだってあるさ!でもそれは=失敗じゃない。

一人の力なんてたかがぁ知れてる!まわりの人の力を借りて、巻き込んで、協力を求めて、できたことをどれだけ多くの人と喜び合えたかが一番大切!

頼んだよ!まち・ひと・くらしプロモーター!あなた方の笑顔を、おおもり語らいの駅は待っています!(^_-)


おおもり語らいの駅オープン間近!この日は、語らいの駅で活躍してもらうまち・人・くらしプロモーター養成研修です。

20170308 095059

参加者がアキナイ山王亭に集まり、研修開始!

20170308100632.jpg

講師は、NPO法人「孫育て・ニッポン」理事長ぼうだ あきこさん!

20170308 100834

ぼうださんの各世代の今のわが国の課題についての話に引き込まれる参加者。

20170308101443.jpg

参加者一人ひとりが他人事ではありません。まずは自分たちの困りごとを挙げてみましょう!

20170308 111336

20170308 111004

それぞれの課題を発表。みんなに共有します。

20170308111857.jpg

20170308 112058

わが事の課題を共有したあとはグループごとに分かれて、得意なこと、好きなこと、上手になりたいことを出し合いグループで起業をする!起業したとしたらこの得意分野を活かしてどんな企画を進めていくか考え合います。

20170308 113919

みんなワクワクで新事業を考え合いました。

20170308 114729

20170308 114753

20170308 1148562

新規事業をグループごとに発表!

20170308 115605

20170308 115707

20170308 115804

では、おおもり語らいの駅のネットワークと、自分たちの得意分野を活かしてこれから何をやっていくか!みんなで考え合いましょう!
夢は広がっていきます! (^_-)-☆

P1010026.jpg



2017-03-07(Tue)

おおもり語らいの駅って?

図1 って?


牧田総合病院が運営する立寄
スポットです。


「おおもり語らいの駅」に色々な目的で人が集まり、場所を介して、食を介して、物を介して交流が生まれ、まちに循環が生まれ、活気ある地域になることを願っています。


・好きなように時間を過ごしたり

・地域の情報収集をしたり

・友達と語らったり

・スタッフと語らったり

初めて出逢った人と語らったり

・趣味を楽しんだり

・新たな学びをしたり


どもからお年寄りまで、働く人も住民も、ひとりでも誰かと一緒でも、どなたでも利用できます

この場は、地域に暮らすすべての人が対象!
全世代対応の大田区版地域共生社会実現に向けた新たな場づくりに取り組んでいきます。

今まで、私たちが築いてきたネットワークをここにすべて投入していきます。
当院、みま~も、そして、東京都健康長寿医療センター研究所の三者による4月オープンに向けた話し合いを重ねている。

おおもり語らいの駅のコンセプトは 「循環」!
この「場」から、地域の人同士のつながり、組織や商店街、人的資源や社会資源が行き交う仕組みを築いていきます!

アルバム
プロフィール

Author:地域ささえあいパートナー
住所:東京都大田区大森北4-5-1
(JR京浜東北線大森駅 徒歩5分)
℡:03-6865-6853

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。