FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-05-31(Wed)

子どもたちが輝く町を築いていく!

今日の午前中はおおもり語らいの駅一番のご近所さん、入新井第一小学校 T校長先生に会いに行ってきました。


「牧田さん(牧田総合病院)がやっているというだけで、地域の人たちには何よりの安心感がありますよね」

と、おおもり語らいの駅が小学校の隣りにできたことをとても喜んでくれました (*^_^*)。


それだけではありません!T校長がPTA役員会でおおもり語らいの駅について周知してくれることになったのです。


さらには、「そこで活躍しているシニアの方々にも学校行事に来てもらう機会を作りませんか?」と、学校公開日に招待してくれることになったんです!


小学校とおおもり語らいの駅、そしてみま~もの母さんたちがつながり合って、子どもたちが輝く町を築いていきます!

午後は、みま~もサポーターの母さんたちがお茶しに来ました。台ふきんにひもを縫ってくれたり、おはなナースとジェンガで対戦したり・・・ (^_^;)


ゆったりとした時間が流れていきました。


おおもり語らいの駅のお隣さん、入新井第一小学校!

20170531 120344
20170531 120402 20170531 120431
20170531 120501

みま~もサポーターの母さんたちが、台ふきんにひもを付けてくれています。

20170530 140539 20170530 140522

こちらでは、ジェンガに挑戦!ゆったりとした時間が流れていきます。

20170525 144707
20170525 145202

おはなナースが負けた瞬間の顔 ゲット! (^_^;)

2010525 145733

スポンサーサイト
2017-05-30(Tue)

看板完成!

おおもり語らいの駅の看板が遂に完成!


18835820_1306644979430770_3559000084186844864_n.jpg


この場所の大家さんで、長年ここで床屋を営んでいた Tさんも、

看板の最終仕上げとなったニスを愛おしそうに塗っています。


自分が大事に営んできた床屋が、

地域に暮らす人たちの居場所になったことを誰よりも喜んでくれています。


18765847_1306645769430691_154569888744687546_n.jpg

170530 (17)


カドヤ建設常務取締役 野口さんが頼んでくれた大工さんたちも、

「きれいな字だぁ、きれいな字だぁ~」と、たぐ母さんの字を大絶賛しながら、

看板を壁に取り付けてくれました。


18767433_1306645422764059_1205776881480033465_n.jpg
18739801_1306645322764069_6431935264894806206_n.jpg


みま~も公園体操から帰ってきた母さんたちも、
看板ができたことに大喜び! (^O^)/

みんなで看板取付完了を祝いました!


18813924_1306645086097426_4927358976493718154_n.jpg
18813608_1306645149430753_7464200917378679938_n.jpg



2017-05-26(Fri)

「肌活セミナー」

良活セミナー第2弾は、「肌活」


赤ちゃんを連れたママさん2組と、シニア5名の合計9名で、ワイワイ和やかな雰囲気になりました。


本日の講師、1人目はスギ薬局薬剤師Yさん。

紫外線とその対策についてお話ししてくれました。


20170526 140621 


日焼け止めの選び方とお試し。

20170526141027.jpg


続いては、腸活にひき続き薬樹薬局管理栄養士あべちゃん。

肌活につながる食品や効果的にそれらを摂取する方法などを教えて頂きました。


20170526 143654 


続いて肌チェック&パック作成・体験。 シュガースクラブとヨーグルトパックを体験しました! 

20170526 135230

ママたちも体験・・・
その間、みま~も副代表町田さんがしばし抱っこ・・・ 突然の知らないおじさんに大泣き(゚д゚)

20170526 150219 20170526 150155 
20170526 134750

終始和やかなセミナーでした。
2017-05-26(Fri)

6月の予定&メニュー

おおもり語らいの駅 6月の予定表が出来ました!


チャレンジタイム、6月のスペシャルは・・・


6月6日(火)12:00~

カフェタイムの日本茶を提供して下さっている 「赤坂 土橋園」さんによる

 美味しい煎茶の入れ方講座 & カジュアル抹茶


6月29日(木)14:00~

みま~もの協賛団体の皆さんによる

 口からチャレンジ ~お口アンチエイジング~


6月12日(月)14:00~

 みんなで作ろう牛乳パック椅子!



カフェメニューの方は・・・

6月から日にち限定で、茶道のベテランのシニアの方が「お抹茶」を点てて下さいます。

6月15日と29日の午前限定です。

ぜひ、作法にとらわれず、楽しく美味しくお抹茶を楽しんで下さい。


毎月開催の、良活セミナー、まちのみんなの保健室あります!


詳細は、予定表をご確認下さい。


おおもり語らいの駅、2ヶ月目も皆さんのお越しをお待ちしております!


スライド1


スライド2

2017-05-26(Fri)

今日の担当

おおもり語らいの駅には、地域ささえあいパートナーの2人(看護師、社会福祉士)以外にも、
日替りで我が部署、地域ささえあいセンターの職員が手伝いに来てくれます。

ということで本日の担当は、
蒲田分院にある居宅介護支援事業所「牧田ケアプランセンター」の管理者 Wケアマネジャー。

ご夫婦でお茶していたご近所さんに、見なれないその人がケアマネジャーだと紹介すると、
さっそくご主人から、親戚の介護に関する相談が始まりました。

20170527002152c9c.jpg

自分の担当する利用者の相談を受けるのとはやはり勝手が違います・・・

相談をしている側も、決してこの目の前にいる専門職に、
何かをして欲しいと思って話しているわけではありません。

でも、たまたま出会ったその人が専門職だから話しているんです。

ご主人は、今日の会話も参考にして、身近な人たちと相談し自己決定していくのでしょう。




病院は病気になった人を治療する場所。
介護事業所は介護が必要な人に介護を提供する場所。

でもそこで働く専門職の本当の思いは、
ひとりひとりがより良く生きることをサポートしたいということ

それの実現のために、語らいの駅がすることは二つ。

一つ目は、専門職と地域住民が出会う機会を作ること。
二つ目は、地域住民同士が出会う機会を作ること。

そのためにこの「場」を作ったんです。「場」が必要だったんです。

そして、この場を通して地域ささえあいセンターの職員も成長させてもらってます




お昼になると、午後のチャレンジタイムの準備で早めに来た薬樹の管理栄養士あべちゃんと、パックの予行練習。
2017052610957.jpg


これもある意味貴重な体験・・・(*´v`)



2017-05-24(Wed)

おおもり語らいの駅を照らすもの!

おおもり語らいの駅のメイン看板が完成しました!

たぐナースの実家、青森に暮らすお母さんが半紙に書いてくれた書をもとに、忠実に杉板に書き込みます。

杉板は、カドヤ建設 常務取締役 野口さんが用意してくれました。墨で字を書くまでも、野口さんによる熱血指導!

砥の粉を塗って目止めを行い、柿渋を2度塗り!

ここからいよいよ字を書いていきます!たぐ母さんが書いてくれた書をカーボン紙でなぞる。

なぞった字に沿って、墨で忠実に塗っていきます。

できましたぁ~~~!

どうですか?素人がやったとは思えない出来でしょう (*^-^*)

この看板が地域の人たちにとって、おおもり語らいの駅へと続く道しるべとなり、訪れた人たちを出迎える目印になればと思います。


これが、おおもり語らいの駅のメイン看板です!

20170524 123153

書道 師範級の腕前のたぐナースのお母さんが書いてくれました!

20170524 164248

この書をもとに、看板に書いていきます。たぐ母さんありがとうございました。

20170524 164252

看板の杉板を砥の粉で目止めしていきます。ここからは、カドヤ建設常務取締役 野口さんの熱血指導!

20170523 210331 

木の隙間に入り込んでいくように塗っていきます。

20170523 161038

端も隙間なく塗っていきます。

20170523 161402

砥の粉をよぉ~~~く乾かしたら、次は柿渋を塗っていきます。

20170523 210346

静御前 ソーシャルワーカーも、野口さんの熱血指導で柿渋塗りに挑戦!

20170523 172821

さぁ、たぐ母さんの書を杉板に書いていきます。まずはカーボン紙で杉板に写し作業開始!

20170524 112707

おおもり語らいの駅から一番ご近所さんのSさんが来てくれたので、一緒に手伝ってもらっちゃいました (*^-^*)

20170524 113823

お茶しに来たみま~もサポーターさんにお尻を向けて、必死に看板作り (*^-^*)

20170524 120446

だんだんできてきました・・・・

20170524 121032

完成しましたぁ~~!
この看板が地域の人たちにとって、おおもり語らいの駅へと続く道しるべとなり、訪れた人たちを出迎える目印になればと思います。


20170524 123207


2017-05-22(Mon)

始動!「まちのみんなの保健室」

まちのみんなの保健室が始まりました!



まちのみんなの保健室は、
今年度からみま~もの協賛でもある、社会福祉法人つばさ福祉会さんが、
もともと日曜日に保育園を解放し開催していた「赤ちゃん保健室」を、
語らいの駅バージョンにアレンジした企画。

それは、みま~もとコラボして、
赤ちゃんと一緒に来たママや、地域の高齢者の人たちも含めて、みんなの保健室にしちゃおう!という企画です!
日頃赤ちゃん中心のママも、この時ばかりは自分のカラダに目を向けて欲しい・・・
そんな思いも込められています。


ということで、
初回のこの日は大人向けには、骨密度測定とエステ&リラクゼーションマシーンの体験!
協力は、みま~ものココカラファインさんとパナソニックエイジフリーさんです。

つばさ福祉会さんから語らいの駅へ、開店祝いに木のおもちゃを頂きました(o‘∀‘o)*:◦♪

20170522 090706


大人コーナー担当の包括おはなナースも一緒に、保健室仕様に開場セッティング。
「ここの段差、高齢者は絶対危ないけど、子どもにはどうですか?」
高齢者専門の私たちには分からないことばかり
保育士Iさんにアドバイス頂きながら準備です!

20170522 085708


頂いたおもちゃも早速セッティング!

20170522 092017




開始と同時に地域の方たちが続々と骨密度測定にやってきます。


 20170522 100148




2017052100259.jpg


骨密度測定をする大家さん&フットマッサージを満喫中の5ヶ月の赤ちゃんと一緒に来たママ。

20170522 11641



その時赤ちゃんは・・・こんな感じW(`0`)W

20170522 114730

ひいばあちゃん位の年代のサポーターがしっかり見守ってますよ~

20170522 11438

訪問途中の地域のCMしろっつーも美顔器で癒されてます。

20170522 11754

20170522 120427



20170522 100208

楽しくあっという間で、大人たちは赤ちゃんに癒され元気をもらったみたいです。
ママたちも助産師、看護師、保育士さんとのお話しや、色々なマシーンに癒されニコニコでした!

次回は、6月22日(木)の予定です。

2017-05-17(Wed)

みま~も「まちづくりが元気!おおた」登録店

暑かったり、涼しかったりのこの時期の気候。
皆さんのカラダはついていけてますか?

おおもり語らいの駅は、この度みま~もの事業、「まちづくりが元気!おおた」に登録し、ステッカーを掲示しました。

この「まちづくりが元気!おおた」は、
企業や事業所などの専門職が、地域のためにできることを考え、ステッカーに書いて住民に発信していく事業です。

先週、地域の仲間入りした私たちも、早速登録させていただきましたぁ!

何を書いたかと言いますと…
私たち病院なので、やはり皆さんの元気のお手伝いかなと。

来月までの限定バージョンです!

2017-05-16(Tue)

とことん地域に暮らす人とともに

おおもり語らいの駅を地域に暮らす人とともに築いていく!


その思いを一つひとつ実現させていくため、この日は行政関係者、民生員の皆さんを語らいの駅にご招待!
おおもり語らいの駅のめざすまちづくり、協力してほしいことを率直に伝えました。


地域ささえあいパートナーとして、ここまで一生懸命準備を重ねてきたたぐナースは、民生委員に皆さんのあたたかさにふれて、話しながら涙・・・。


新たに地域包括支援センター入新井センター長となったおはなナースは、たぐ姉さんの決意を聞いて涙・・・・。


この2人の涙を見て、民生委員の皆さんも思わずも・ら・い・泣き (^_^;)


地域の中に、空気のようにあり続けたい。身近な存在としての専門職として。


そのためには自分たちがやろうとしていること、目の前のこの人たちとやりたいと思うことを共有し合う過程がどうしても必要です。


それを面倒くさいと思うなら、やらなければいい。


私たちは、地域に暮らす人たちと築くことを選びました。だから、この過程を大事に取り組んでいきたいと思っています。


今日は行政関係者、民生委員の皆さんへのおおもり語らいの駅お披露目会!

DSC05926.jpg

優森(ナチュラル)食堂シェフ 金井ちゃんのランチを皆さんに振る舞います!
「私、手伝いますっ!」東京都健康長寿医療センター研究所 松村さんも張り切ってお手伝い!

DSC05918.jpg

私たちの地域の民生委員さん、行政関係者が一堂に集まってくれました!地域包括支援センター、みま~もの取り組みを通してこの方々とはすっかり顔なじみ (^_^)v

 DSC05934.jpg
DSC05936.jpg

私から、おおもり語らいの駅を通してめざすこと、皆さんに協力してほしいことを話しました。

DSC05945.jpg

東京都健康長寿医療センター研究所 社会参加と地域保健研究チーム 野中さん。当院、みま~もと取り組む「世代を超えて助け合うまちづくりプロジェクト」について説明。

DSC05956.jpg

DSC05962.jpg

厨房には強力助っ人 みま~もサポーター I さん登場!手際よく盛りつけを行っていきます!

DSC05958.jpg
DSC05964.jpg

みま~もから、副代表 薬樹株式会社 取締役 町田さんが駆けつけてくれました。

DSC05966.jpg

優森(ナチュラル)食堂シェフ 金井ちゃん!料理は大好評!
特に「ソイ・マヨネーズ」のレシピについては、家でも作りたいと質問攻め! (^_^)v

DSC05971.jpg

金井シェフの手作り料理で、一気に会場は和やかムード満載!

DSC05976.jpg DSC05977.jpg DSC05980.jpg

今年喜寿を迎えた我らが母さん! I さんもごあいさつ。
「この子たちは一生懸命がんばっているのよ。だから協力してあげて!私も協力するから!」

DSC05985.jpg

当院、地域ささえあいセンター職員紹介。

DSC05990.jpg

泣きみそ職員たちに、民生委員さんたちのあたたかい声援が届きます。

DSC05993.jpg


2017-05-09(Tue)

チャレンジタイム始動!

「ワンコインチャレンジ 良活セミナー~腸活編~」を開催しました。


この良活セミナーは、みま~もの協賛団体の専門職が講師を担当してくれるシリーズ企画です。


初回のテーマは「腸活」。

担当は薬樹株式会社さんと、株式会社クリニコさんの、薬剤師さんと、栄養士さんです。



時間になると語らいの駅にはたくさんの人たちが集まって来ました。
初回でPR不足が否めない中、本当に嬉しいことです。


たくさんの知った顔の皆さん&牧田病院でチラシを見て来てくださった方&関係機関の皆さん。
合計30名で、語らいの駅はあっという間にぎゅうぎゅう。

まずは、みま~も副代表、本日の講師でもある薬樹株式会社 町田さんより本日の講師のご紹介。

DSC056861.jpg





3部構成の講座①
株式会社クリニコ 栄養士 立原さんより、腸とビフィズス菌のお話し。おみやげもたくさんいただきました!

DSC056921.jpg




講座②
薬樹株式会社 みま~も担当管理栄養士 阿部ちゃんより、
腸内環境を改善する食生活のお話し&腸に効く甘酒の試飲。
「皆さ~ん。自分の便チェックしてますかぁ?」

DSC057101.jpg



〆の講座③
薬剤師 町田さんより、便秘で処方されるお薬と市販薬についての説明と、
何やら気になる実験&ミネラルウォーター各種の飲み比べ!

DSC057121.jpg

DSC057151.jpg

楽しいあっという間の時間でした

次回の良活セミナーは、5月26日「肌活編」です。こうご期待!!!


アルバム
プロフィール

Author:地域ささえあいパートナー
住所:東京都大田区大森北4-5-1
(JR京浜東北線大森駅 徒歩5分)
℡:03-6865-6853

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。