FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018-07-31(Tue)

念珠作り!

今月の寺子屋カフェは、念珠作り!



世界でたったひとつの自分で作った念珠に、一つひとつ祈りを捧げてくれる・・・。



語らいママさんは、自分とわが子の分の念珠を作り、寝ているわが子の腕にそっと付けていた・・・。

 

「ちっちゃぁ~~~~~~~い!」 (*^_^*)


寺子屋カフェは、都会の喧噪に慣れた私たちに、大切な時間を提供してくれています。




2018-07-27 15_58_15


2018-07-27 13_58_40

2018-07-27 13_48_33

2018-07-27 14_00_44

2018-07-27 13_59_31

2018-07-27 14_49_29

2018-07-27 14_51_01

2018-07-27 14_25_19

2018-07-27 15_31_02

2018-07-27 15_32_24

2018-07-27 15_33_52

2018-07-27 15_25_16

2018-07-27 14_35_27

2018-07-27 15_39_35


スポンサーサイト
2018-07-30(Mon)

紙芝居師に挑戦!

「それでいいんだよ、やってごらん!そうだそうだ!どんどんうまくなってきている!」



このような声かけ一つで、子どもたちのやる気が出てくる!



声が大きくなり、自信がみなぎる!



その子を受け止め、その子が本来持っている「やりたい!」に、そっと背中を押すだけ・・・。



それで十分!(*^_^*)



地域の保育園・小学校・高齢者施設で活動されている『読み聞かせグループぐーちょきぱー』さんから、紙芝居を教わる3回講座を開催!



今日は2人の語らいっ子が挑戦!



次回は、この倍の語らいっ子たちも加わり、紙芝居に取り組む。



3回目は、練習を積んだ語らいっ子たちの紙芝居発表!そして君も、この日から『紙芝居師』!



地域みんなで、語らいっ子の紙芝居を見ることにしましょう!



今から楽しみです!()v



37829704_1730445907050673_4092572150496493568_n.jpg

37821355_1730445073717423_8753568125808541696_o.jpg

37856336_1730444987050765_3194538744245911552_o.jpg

37833277_1730444887050775_2318421873207017472_o.jpg

37892067_1730445380384059_8750988199083376640_n.jpg

37889958_1730444963717434_2649899275789533184_n.jpg

37858891_1730444853717445_6796804587941527552_n.jpg

37821844_1730444857050778_6736702735451684864_n.jpg

37837047_1730445463717384_1665565382263439360_o.jpg

37831502_1730445423717388_8899093836978978816_n.jpg

2018-07-28(Sat)

地域にとって必要な「場」づくりをみんなで!

「おかげさまでわが子も最近歩くようになり、少しずつできることが増えてきて、私も心に少しゆとりができるようになりました。


これまでみたいに一方通行でお世話になるだけではなく、現在のわが子にしかできない形で、語らいの駅を通して、高齢者の方々に何かしらのボランティアができればと最近考えています!」


そんな語らいママさんの思いを、みま~も代表 片山さんが実現!



語らいっ子と語らいママさんが、片山さんの有料老人ホーム(NRE大森弥生ハイツ)に定期訪問することが決定!



今日はそのための見学!



な、なんと!語らいっ子は、ママさん手作りのみま~もに変身して登場!



入居者、施設職員みんな笑顔!


不思議ですね・・・、子どもがいるだけで、その場が和み、あたたかい雰囲気に包まれる (*^_^*)



「いつでも、来たい時に来てください!うちは大歓迎です!」



片山施設長、ありがとうございます!



私たちがおおもり語らいの駅を立ち上げた思い・・・。



「おおもり語らいの駅」に色々な目的で人が集まり、場所を介して、食を介して、物を介して交流が生まれ、まちに循環が生まれ、活気ある地域になること。



私たちがおおもり語らいの駅事業を通して目指していること。



それは、住民にとって「自分だけの便利な場所」ではなく、「地域にとって必要な場所」。



「自分たちだけの便利な場所」では、つながった人同士の集いの場で完結してしまい、 それ以上の広がりはない。この場を本当に必要としている人に届かない・・・。


「地域にとって必要な場所」であるからこそ、この場でつながり合った人たちが共感を世代を超えてつなぎ合い、その広がりの先にこの場を本当に必要としている人に届けることにつながる・・・。




2018-07-17 10_01_16

2018-07-17 09_52_40

2018-07-17 10_11_34

2018-07-17 10_25_21

2018-07-17 10_33_11

2018-07-17 10_33_36

2018-07-17 10_44_18

2018-07-17 10_44_34

2018-07-17 10_49_02

2018-07-17 11_00_58

2018-07-17 11_03_53

2018-07-17 11_07_50




2018-07-28(Sat)

知っておきたい育児のための脳科学!

「このおおもり語らいの駅に来るママさんたちに、この場が、核家族化した都市生活において、幼児が大勢の人と接する貴重な場だということを脳の仕組みを通して伝えたいんです!」


そう私たちに話してくれたのは、アキナイ山王亭、おおもり語らいの駅を設計から施工まで手がけてくれたカドヤ建設 常務取締役 1級建築士 野口さん!


その野口さんが、おおもり語らいの駅で取り組んでいる「まちの家庭科室」で、



『知っておきたい育児のための脳科学~『おおもり語らいの駅』の環境が幼児に与える効果~【三つ子の魂百まで】~』


をテーマに講座を開催してくれた。


赤ちゃんから高齢者まで集まるこの場で、野口さんは子育て奮闘中のママさんたちにやさしく語りかける・・・。


・子どもたちによい経験をさせること!知識だけでなく本物に触れさせ、できるだけさまざまな体験をさせることが大事

・おおもり語らいの駅は、多数の人との出会い、核家族化した都市生活において、幼児が大勢の人と接する貴重な場なんだよ

・親として0歳から12歳までに様々な経験をさせることが大切。ただし、無理強いは禁物。興味のあるものから手がけさせる。※今回の話は、『早期教育』を推奨しているのではない


参加したシニアの母さんたちには、自分たちがこの場を通してママさんや子どもたちにとって大切なことを提供しているのだという確信を!


子育て中のママさんたちには、わが子の成長にとって本当に大切なものは何かを投げかけてくれた。


ふっと思う・・・。


ここに集まった多世代の人たちは、ここがなかったらまちがいなく出会わなかった人たち。


その一人ひとりが、この場を介してつながり、地域の子どもたちの成長をみんなで見守ろうと思いを巡らしている・・・。


多くの瞳が地域の子どもたちをあたたかく、そして時に厳しく見つめ合う。


参加したみんなが、おおもり語らいの駅という場の意義を確信できた。それが、参加者一人ひとりの笑顔に表れている。


この輪を、もっともっと多くの人たちに知らせたい!心からそう思えた!

野口さん!本当にありがとうございました!



脳科学から子育てを考える1

脳科学から子育てを考える

2018-07-24 11_02_53

2018-07-24 11_02_39

2018-07-24 11_29_35

2018-07-24 11_32_09

2018-07-24 11_06_56

2018-07-24 11_08_08

2018-07-24 11_12_57

2018-07-24 11_48_02



2018-07-27(Fri)

良活セミナー 『筋活』!

自分のカラダや生活に役立つ情報を知り、より良く元気に暮らすためのヒントを提供するセミナー!

それが、おおもり語らいの駅 『良活セミナー』です。


人間の身体の部位ごと(骨・脳・腸・etc・・・)にテーマを決めて開催しています。



7月は、『 筋活 』!


筋肉を強くする食事と運動のお話しです。試食・お土産付き!実際に軽い運動もしますよぉ~ ()v


今回のセミナーに関わってくれた企業・事業所は、薬樹株式会社(株)ココカラファイン、大塚食品(株)、東京都柔道整復師会大田支部 みつゆき接骨院!


おおもり語らいの駅で取り組まれている一つひとつの事業を、当院だけで実施しても意味がないし、継続する中でやることも限られてしまう。


地域にある様々な得意分野を持った企業、事業所と連携して取り組んだ方が取り組みも多様となり、豊かさを増す!


おおもり語らいの駅は、つながりを循環させる場所!それぞれの企業・事業所が、得意分野を通してまちづくりに力を発揮できる場所!




2018072_201807271659211f7.jpg

2018-07-13 15_30_06

2018-07-13 14_11_50

2018-07-13 14_43_25

2018-07-13 14_49_35

2018-07-13 14_52_15

2018-07-13 14_53_49

2018-07-13 14_57_51

2018-07-13 15_11_24

2018-07-13 15_18_36

2018-07-13 15_23_30




2018-07-27(Fri)

おおもり語らいの駅の夏休み

今日から小学校は夏休み!


おおもり語らいの駅 隣りにある入新井第一小学校の語らいっ子たちは、朝からお弁当持ち寄りで語らいの駅にやってくる!


まずは夏休みの宿題をしてぇ~~~、



終わったら今流行の頭脳パズル「KATAMINO」をみんなでやって、

「あぁでもない、こうでもない?」


赤ちゃん用のベビー柵になぜか入って、ぎゅうぎゅうになりながら遊んでぇ~~~



小学生が考えたクイズをホワイトボードに書いて、ママさんたちが答えを考える!



「あなた頭いい~~~!」


これこれっ!大人ですから! (^_^;)



生後〇〇ヶ月の赤ちゃんから、シニアまでの大異年齢集団ができあがる・・・。



これが、おおもり語らいの駅の夏休みです!



2018-07-23 10_25_42

2018-07-23 11_03_55

2018-07-23 11_04_46

2018-07-23 12_01_01

2018-07-23 12_53_15

2018-07-23 13_48_01

2018-07-23 15_25_02

2018-07-23 15_26_11




2018-07-27(Fri)

うなぎづくし!

本日、おおもり語らいの駅は、ランチ・ディナーともに国産うなぎ!!


みま~も協賛 宅配クック123さんが、国産うなぎを提供してくれました!



よるカフェのミッション!『う』の付く食べ物を3つ考えて!



大人用のミッションは!『うなぎ』を漢字で書いてください!



答えられた人にはかき氷をプレゼント!



回を重ねる中で、小学生が、赤ちゃん・園児を一緒に遊んであげる。誰の子であろうが、名前をおぼえて名前で呼び合う。



子どもがいけないことをすると、おおぜいの大人の目があるから誰かしらが注意する。危ないことも発見できる。



そんな光景をよく見るようになった。



同じ釜の飯を食って、わが子だろうが、他人の子だろうが、みぃ~~~んなかわいい (*^_^*)



大切な語らいっ子!地域の子!みんなで成長を見守っていこう!



そんな空気が自然とできあがってきた。


この子たちに何かがあった時、きっとここにいる大人は、遠慮なく声をかけるだろう。手をさしのべる
ことだろう。


この子たちが大きくなった時、今度は語らいっ子たちが手をさしのべてくれることもあるだろう。



この輪を広げていく。その先に、地域全体がそのような空気に包まれる・・・。



それを私たちは築いていく。この町で・・・・。




よるカフェ

2018-07-26 17_35_13

2018-07-26 15_59_49

2018-07-26 11_53_15

2018-07-26 11_52_59

2018-07-26 17_59_07

2018-07-26 17_56_39

2018-07-26 18_07_42

2018-07-26 17_34_18

2018-07-26 17_35_06

2018-07-26 18_12_42

2018-07-26 18_11_03

2018-07-26 18_02_42




2018-07-24(Tue)

2018年夏の予定表

皆さま。本当に本当に毎日暑いですね

語らいの駅でどうぞ涼んで下さい・・・と言いたいところではありますが、

外出がそもそも危険な状況もありますので、どうかお出かけの際はお気を付け下さい。



2018081.jpg



18082.jpg

2018-07-22(Sun)

入新井大盆踊り!

今日は、おおもり語らいの駅の地元!入新井地区大盆踊り大会!


おおもり語らいの駅は、会場のすぐ近くということもあり、お休み処として場所を提供。

せっかくなので、語らいママさんのお父さんの会社!コスモ食品の商品を使って、タンドリーチキンを販売!


語らいファミリーが浴衣を着て、甚平を羽織って、続々やってくる!土曜日とあって、パパたちも一緒に来てくれた!


「いつもお世話になっているのよ!」と、パパさんに私を紹介するママさんたち。ちょいと、照れくさくもあり、うれしくもあり・・・(^_^;)


そんな語らいファミリーに、母さんたちが冷や汁を振舞ってくれた!


盆踊りのメインは、入新井第一小学校4年生による「花笠音頭」!


語らいっ子の4年生たちを、語らいの駅 多世代大応援団で、声援を送る!


子どもたち、みんなうれしそう・・・(*^_^*)


おおもり語らいの駅がこの地に誕生して1年・・・、すっかり地域に根ざしているこの場を、心から嬉しく思う。


そして、この場を生み出した私たち医療・介護専門職たちを、地域の一員として接してくれるこの地域の人たち、子どもたちに改めて感謝している。





2018-07-21 16_26_53


2018-07-21 18_41_41


2018-07-21 17_03_19


2018-07-21 17_05_13


2018-07-21 17_11_49


2018-07-21 17_45_48


2018-07-21 17_06_27


2018-07-21 17_16_45


2018-07-21 17_14_48


2018-07-21 16_29_16


2018-07-21 16_47_14


2018-07-21 23_07_44


2018-07-21 18_38_57


2018-07-21 18_36_52


2018-07-21 18_01_44


2018-07-21 18_06_15


2018-07-21 17_58_54


2018-07-21 17_58_36


2018-07-21 18_08_31





2018-07-15(Sun)

日本茶を届けよう!

おおもり語らいの駅に、日本茶を提供してくれている創業明治25年の老舗!


「赤坂銘茶 土橋園」さん。

 

高齢者施設向けの日本茶を開発しようと、私たちのところへ訪れてきた。


一緒に同席してくれたのは、みま~も代表・有料老人ホームNRE大森弥生ハイツ施設長 片山さん!



「施設入居者はお茶の時間を楽しみにしているが、職員は水分補給としか考えていない。お茶は季節を感じ、その土地を感じ、風情を感じ、そのうえで味を楽しむもの!」


そうです!そうであるのならば、長年その味を守ってきた土橋園さんのお茶を変える必要などない!



それよりも、その守り続けてきたものを入居者に感じてもらいましょう!


土橋園さんが富山の薬売り方式で、季節とともに日本茶本来の味を届けましょう!



淹れ方ひとつで変わる日本茶本来の味を、自身の足で赤坂から施設へ届けましょう!



詳細は、企業秘密 (^_^;) ですが、片山さんの施設と赤坂銘茶 土橋園のコラボ!



土橋園さんが、日本茶とともに入居者の元気も届けます!



楽しみです! (^_-)-☆



http://www.dobashi-en.co.jp/




2018-07-11 16_09_26

2018-07-11 17_22_14

2018-07-11 15_57_15



アルバム
プロフィール

Author:地域ささえあいパートナー
住所:東京都大田区大森北4-5-1
(JR京浜東北線大森駅 徒歩5分)
℡:03-6865-6853

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。